カレー・シチューの焦がさないコツ

カレーやシチューを作っているときに

底がよく焦げてしまいます。

なぜ焦げるかと考えますと

一言ですが、かき混ぜ方が足らないのです。

とろみがありますので、底から良くかき混ぜないとすぐに焦げてしまいます。

火をかけて他の事に目が行ってしまいますが

火にかけたら温まるまでじっくりとかき混ぜてください。

きちんと混ぜれば焦げ付く事はありません。

もし少し焦げても、早い目にお玉で底からこびりついている物を

めくってしまえば、焦げません。

温まり、すぐに火を消しておいていても少し焦げ付きます。

鍋と五徳に熱がたまっていますので

火を止めても少しの間混ぜていれば焦げ付きません。

焦げ付かなければ、洗うときも楽です。

水でも良いですがお湯の方が洗い易いです。

お湯を流しながら、鍋についている残りを手でかきとるのです。

スポンジは使いません。簡単に取れます。

後は、スポンジに洗剤をかけて脂分を洗うだけです。


Home